本文へスキップ

人事・労務問題解決のパートナー/社会保険労務士のコラボレーション/賃金制度、人事評価制度

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル
TEL.
03(5665)3570 e-mail. info@hrm-consul.com

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15

人材活性化講座recture

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

賃金、人事制度〜人事評価制度講座Part2

人事評価のスケジューリングPart1

◆悩ましい人事評価のスケジューリング

人事評価のスケジューリングはいつも実務担当者の頭を悩ませます。

当然ですが、人事評価そのものは目的ではなく手段。

その先にあるのが、賃金改定、賞与決定、昇進・昇格などです。

これらの人事イベントは、スケジュールが定まっています。

人事評価は、当然これらイベントが予定通り実施できるように進めなくてはなりません。

ところが、実際に人事評価を行うのは、管理職など現場の社員です。

彼らは日常業務を抱えていますから、なかなかスケジュール通りに評価を出してくれません。

また、現場の評価者や、役員・幹部を招集して評価調整会議などを行う場合、出席者の日程調整も必要です。

特に、役員・幹部が関係する場合、全社的なイベント日程も先々まで把握しておかなくてはなりません。

こうした様々な要素を念頭に置いて評価スケジュールを考えていく必要があるのです。

◆ゴールから逆算する

その場合、賃金改定など、評価を最終的に反映させるイベントの日程をまず押さえます。

つまり、いつまでに評価の最終結果を確定させていれば、賃金改定の実務ができるのかを把握するわけです。
そのうえで、評価確定までに実施すべきことを、ゴールから逆算して設定していきます。

前へ  次へ

人事評価講座Part2目次


人事・賃金制度講座目次


人材活性化講座目次


TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

無料小冊子、メルマガ

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15
TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
E-Mail:info@hrm-consul.com

メンバー最新書籍、執筆記事

人事実務
「月刊人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」
(杉山秀文著)
経理ウーマン
「月刊経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」
(杉山秀文著)

プロの人事賃金コンサルタント
「プロの人事賃金コンサルタントに
なるための教科書」
(二宮孝著 日本法令)

労働条件審査実践マニュアル
「労働条件審査実践マニュアル」
(五十嵐一浩、杉山秀文著 日本法令)

労働条件審査実務
「DVD 手順でわかる労働条件審査実践実務」
(五十嵐一浩、杉山秀文 日本法令)

朝型勤務実践ガイド
「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」
(杉山秀文著
ビジネスパブリッシング)