本文へスキップ

人事・労務問題解決のパートナー/社会保険労務士のコラボレーション/賃金制度、人事評価制度

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル
TEL.
03(5665)3570 e-mail. info@hrm-consul.com

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15

人材活性化講座recture

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

賃金、人事制度講座

目標管理〜いい目標、悪い目標(3)

目標設定、今回は成果物を定性的にしか捉えることのできない業務のうち、自己裁量の要素がほとんどない業務についてみていきましょう。

これは、定型的な事務部門などが該当するでしょう。

このような業務の目標設定は、確かに難しいです。

そのため、目標管理制度の適用自体をやめるという方法もあります。

しかし、私は疑問を感じます。

一定レベル以下(新人や入社3年以下、あるいは一定等級以下など)に一律に目標管理制度を適用しないというのなら理解できます。

また、目標管理のウェイトを低めにするという方法のあり得ます。

しかし、一定の職種については、本人のレベルに関係なく適用しないというのは、抵抗があります。

そのような職種の人には、目標はないのでしょうか?

いくらなんでもそのようなことはないはずです。

問題は、定型事務などはうまくやって当たり前、評価はマイナス評価しかあり得ないと決めつけているところにあります。

しかし、このような業務でも、担当者の工夫次第で付加価値をつけることは可能です。

また、「うまくやって当たり前、評価はマイナス評価しかあり得ない」という見方にも疑問を感じます。

ミスを減らす、なくすというのは、十分付加価値のある成果です。

問題は、この手の職種の目標が、「ミスを減らす」とだけしか書いていないことが多いこと。

そして達成手段として書かれているのが「注意深く業務を行う」とか「チェックを怠らない」…

これでは評価のしようがありません。

期末に評価可能な目標となるよう指導する必要があります。


前へ  次へ

関連コンテンツ

関連リンク:目標管理制度をめぐるトピックス


賃金、人事制度講座目次

人材活性化講座目次

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

無料小冊子、メルマガ

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15
TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
E-Mail:info@hrm-consul.com

メンバー最新書籍、執筆記事

人事実務
「月刊人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」
(杉山秀文著)
経理ウーマン
「月刊経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」
(杉山秀文著)

プロの人事賃金コンサルタント
「プロの人事賃金コンサルタントに
なるための教科書」
(二宮孝著 日本法令)

労働条件審査実践マニュアル
「労働条件審査実践マニュアル」
(五十嵐一浩、杉山秀文著 日本法令)

労働条件審査実務
「DVD 手順でわかる労働条件審査実践実務」
(五十嵐一浩、杉山秀文 日本法令)

朝型勤務実践ガイド
「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」
(杉山秀文著
ビジネスパブリッシング)