本文へスキップ

人事・労務問題解決のパートナー/社会保険労務士のコラボレーション/賃金制度、人事評価制度

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル
TEL.
03(5665)3570 e-mail. info@hrm-consul.com

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15

人材活性化講座recture

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

賃金、人事制度〜人事評価制度講座Part2

陥りがちな人事評価エラーPart3

公平な評価をしようと心がけていても、無意識のうちに誤りを犯してしまうことがあります。

また、分かっているにもかかわらず、敢えて誤った評価をすることもあります。

このような誤りを総称して「評価エラー」といいます。

ここでは、無意識に犯してしまいがちな評価エラーについて述べます。

◆対比誤差
自分のレベルと被評価者を比較して評価してしまうエラーです。
自分が得意としている領域の場合は厳しめ、不得手な領域の場合は甘めの評価になりがちです。

[回避策]
評価基準は評価者ではないことをしっかり認識します。そのうえで、制度が定めた基準に対する被評価者のレベルを判定するようにします。
また、評価にあたっての評価者が自分の思考プロセスを振り返り、「この程度はできて当たり前」とか、「こんなこと、自分にはできない。大したものだ」といった考えが混じっていないかを検証することも有効です。

◆近接誤差
評価項目が似通ったものに見えるような場合、両方の意味を混同して、同じような評価にしてしまうことです。
たとえば、「実行力」と「行動力」、「コミュニケーション」と「プレゼンテーション」などがあげられます。

[回避策]
評価項目ひとつひとつの意味を正確に理解するようにします。
また、制度設計者も、このエラーを起こさないような項目設定をする必要があります。

評価エラーを犯さないようにするうえで大事なのは、このような評価エラーについての正しい理解を持つことです。
そのうえで、自分の評価結果を次の視点で客観的に見直します。

・事実に基づいた評価をしているか、
・結果に偏りがないか
・評価エラーにあたる思考プロセスに陥っていないか

前へ  次へ

人事評価講座Part2目次


人事・賃金制度講座目次


人材活性化講座目次


TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

無料小冊子、メルマガ

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15
TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
E-Mail:info@hrm-consul.com

メンバー最新書籍、執筆記事

人事実務
「月刊人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」
(杉山秀文著)
経理ウーマン
「月刊経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」
(杉山秀文著)

プロの人事賃金コンサルタント
「プロの人事賃金コンサルタントに
なるための教科書」
(二宮孝著 日本法令)

労働条件審査実践マニュアル
「労働条件審査実践マニュアル」
(五十嵐一浩、杉山秀文著 日本法令)

労働条件審査実務
「DVD 手順でわかる労働条件審査実践実務」
(五十嵐一浩、杉山秀文 日本法令)

朝型勤務実践ガイド
「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」
(杉山秀文著
ビジネスパブリッシング)